元気過ぎるおばあちゃんとの旅行

先日おばあちゃんに久しぶりに電話をしました。
「おばあちゃん、俺だよ」って言ったのがいけませんでした。
完全に振り込め詐欺だと思ったらしく、孫の私が話すことを聞こうとしません。

 

孫の声が分からないなんてとも思いますが、詐欺に引っ掛からないようにしているおばあちゃんに感服しました。
結構な歳なのにしっかりしていて頼もしい限りです。

 

そんなおばあちゃんが温泉に行きたいと言っていたらしいので、週末を利用しておばあちゃん孝行をしてあげることにしました。
おばあちゃんが疲れないくらいの距離にある箱根の温泉に行くことにしました。

 

温泉に向かうバスの中でおばあちゃんが私に話し掛けてきてくれるのですが…声がデカ過ぎます。
他の乗客の方達がおばあちゃんに静かにしてくれという視線を送っているのが伝わります。
私からもおばあちゃんにさりげなく注意はしましたが、あまり効果がありませんでした。
乗客の皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

温泉に到着すると、休む間もなく露天風呂に出掛けていきました。
元気だなぁと思っていたら、しばらくしてのぼせてフラフラになりながら戻ってきました。
気持ちが悪いらしく、早々に布団を敷いて横になっています。
楽しみにしていた豪華な夕食も食べれず、ずっと横になっていました。

 

翌日には元気になったおばあちゃん。
長生きして欲しいので、1個食べると7年も寿命が延びるらしい黒い温泉たまごを買ってあげました。
しかしここで一言「たまごは昔から食べられないのよ」
買う前に言って欲しかった…。

 

結局箱根まで何をしに行ったのかよくわからないまま帰ってきました。
それでも、孫と旅行ができて嬉しかったと言ってくれているみたいなので良かったと思います。